標識放流アカアマダイの再捕

2017.02.20 Monday

0

    平成27年度から、当協会で生産し腹びれをカットする標識を付けたアカアマダイの稚魚を

    県の水産試験場が放流をしています。

    このたび、日南市の漁業者より2月13日の操業で標識魚が複数漁獲されたと連絡があったそうです。

    (写真:宮崎県水産試験場ホームページより)

    片方の腹びれが短く形もいびつになっています。(上記右側の写真)

     

    下の写真は、協会で腹びれをカットする作業をした時のものです。

    70mm程度だった稚魚が立派に成長して戻ってきてくれました!!